百年謹製_オフィシャルサイト

老舗紹介 株式会社 丸高蔵 - 創業100年以上の老舗の物語を愚直に語り継ぐ

  • HOME
  • 百年謹製誕生秘話
  • 百年謹製のこだわり
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ

老舗紹介


kanban

株式会社 丸高蔵

寛文二年(1662年)創始の清酒「真澄」の蔵元「丸大大布屋伊兵衛商店」十九代宮坂伊兵衛が「大人から子供までおいしく健康によい味噌・醤油を造り、世の益にしたい」と考え、当蔵の初代宮坂千足(ちたる)に醸造を命じ、大正五年(1916年)「丸高醤油醸造場」として創業を開始し、翌年には味噌の醸造を開始致しました。 当蔵の有る信州諏訪は、長野県の中央に位置し標高は750mを超え、年間の気温差が大きい内陸性気候の地域ですので、冬期は気温-10℃以下も珍しくない過酷な環境も特徴です。しかしながら、この気候が雑菌の少ない清澄な空気、清冽な水という醸造に最適な環境を恵んでくれました。この恵まれた環境の中で、長年培った酒の醸造技術や杜氏の技を味噌作りに活かし醤油、味噌の醸造を始めました。 時代が経るにつれて味噌の製造方法も工場設備の機械化や自動化が進行し丸高蔵の生産量も年間約8000tを超えるようになりましたが、食の多様化の影響もあり全国的に味噌の消費量は年々減少の一途をたどる一方、品質や職人のこだわり等々よりも「価格」は勿論のこと、「簡便性(即席類)」や「加工度(だし入り味噌等)」が市場から求められるようになりました。 平成十七年(2005年)味噌本来の価値を改めて見直し、「天の恵み」「地の恵み」「人の思い」を活かした「伝統の味」を守り伝え、更に「革新」をコンセプトとした「丸高ブランド」立ち上げました。出荷量は年間約500tまで縮小させましたが、素材、製法にこだわり、素朴であたたかい丸高蔵の味噌を自負しています。創業にあたり、山梨県と木曽薮原から移築した3棟の建物は築100年を超える歴史的建造物であり、平成23年に国の登録有形文化財に指定されており、現在「天然熟成蔵」「店舗」として使用しています。


株式会社 丸高蔵その他のラインアップ

百年謹製 信濃路
500g
650円(税抜)

百年謹製 十四割
500g
650円(税抜)

青唐みそ
120g
350円(税抜)

煎り酒
300ml
700円(税抜)

INDEXへのボタン
当ページに掲載されている情報・画像を、無断で転用・複製する事を禁じます。copyright 100YEARS QUALITY PRODUCT All rights reserved.
  • HOME
  • 百年謹製誕生秘話
  • 百年謹製のこだわり
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ