百年謹製_オフィシャルサイト

香三昧(こうざんまい)沈香 - 創業100年以上の老舗の物語を愚直に語り継ぐ

  • HOME
  • 百年謹製誕生秘話
  • 百年謹製のこだわり
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ

1893年(明治26年)
株式会社薫寿堂
会社案内はこちら


商品写真 代表取締役写真

株式会社薫寿堂
常務取締役 明石省三

香三昧 沈香

1袋3,500円(税抜)購入はこちらから

古い伝統のうえに新しい伝統を

私たち薫寿堂は、日本で最も多くのお香・お線香を生産している兵庫県の、その中でも特にたくさんのお香・お線香を生産している地域である「淡路島」にございます。薫寿堂は、日本のお香の起源の地とされる淡路島にて明治26年(1893年)、初代 福永平一郎が創業した「福永線香店」からその歴史を刻み始めました。
あまり知られていませんが、淡路島のお香・お線香の生産量は、日本国内の生産量の実に約70%以上を占めています。
なぜ、淡路島でお香づくりが盛んなのか?それを説明するためにお香の起源からお話させていただきますと、そもそもお香の起源は、パミール高原(その大部分は現在のタジキスタンに含まれる)に発するといわれ、その後インドに伝わりました。紀元前5世紀後半「釈迦」による仏教が興ると、焼香としての「香」が盛んに奨められ、仏教の伝播とともにお香は中国を含め各地へ伝わっていきました。我が国では、『日本書紀』に、「推古3年(595年)の夏4月に淡路島に沈水(ちんすい)が漂着した」と記されています(これがお香に関する日本最古の記録)。この"沈水の漂着"という遠い国からの贈り物が、淡路島が日本最大のお香の生産地になっていく最初の"きっかけ"でございました。

当社はたかだか創業123年ですが、日本におけるお香の製造文化はゆうに1400年を超えます。わたしたちは、日々のお香づくりの時間のなかで、1400年前から続くこの「香り」という繊細で豊かな伝統に対し"今のわたしたちに何ができるのか?"を常に問い続けていました。そして、近年、その想いが形となります。社内に「古い伝統のうえに新しい伝統を」のスローガンを新たに掲げ、この「新しい伝統」への挑戦が始まったのです。「香三昧」は、その挑戦から生まれた"ひとつの答え"でした。

旧一宮地区江井(現在の淡路島)の
古地図


その場に嫌な臭いがあるといい香りも混ざってしまう

よく「香三昧は天然香木ですか?」と聞かれますが、もちろん天然香木です。しかし、お香のプロとして、天然香木だけを売りにすることはできません。天然香木を使用した商品は、当社の他商品にもありますし、他社の商品にもございます。そこで「いかにしてオリジナル性を持たせるか?」を考えていました。すると、様々なマーケティングリサーチのなかに「お線香のいい香りがあっても、そこに嫌な臭いがあると、それと混じり合ってしまい、せっかくのいい香りがそのまま匂い立たない」という潜在的なニーズがあることがわかったのです。

そこで、わたしたちは、この「香三昧」については、お香自体に消臭効果を持たせ、嫌な匂いを消し去りながら、いい香りを匂いたたせるようにしたいと考えたのです。消臭成分に化学的なものは使用したくなかったので、様々な研究を重ね、消臭効果には、緑茶の成分から抽出した「天然のフラボノイド」を採用しました。しかし、単に従来の製造過程に、「天然のフラボノイド」を混ぜ込めばよいというものではありません。繊細な香木の香りを邪魔しない消臭効果という、いわば相反するものだからです。長い試行錯誤が続きましたが、当社独自のノウハウとしかいえない技術と経験により従来のお香の調合を大幅に再調合することで、この難題を克服しました。

開発の作業中の
弊社研究開発部 積田正浩課長


3つの香りがよくなるように調合

お香の香りは、火をつける前の上匂いと火を灯している時の香り、そして、たき終った後の残り香の「3つの香り」がよくなるように調香しなければなりません。燃焼させた時にも良い香りを放つようにするにはより高い技術が必要となります。「香三昧」の場合は、まず、主原料である椨の木の皮を粉にしたものにフラボノイドを配合した素生地を作ります。そこに、主となる天然香木の香りが損なわれないように慎重に選定された副原料の香木を量を調節しながら加え、香りを調整していくという地道な作業を何度も繰り返し行います。「香三昧」の調香は、1世紀にわたり積み重ねてきたこの"わたしたちの経験と技術"によって、みなさまに「3つの香り」を感じて頂ける最良の組み合わせになったと自負しております。

香道のようにお道具を用意しなくても、手軽に本格的な香りを楽しんでいただけるようにお線香状にし、部屋の嫌な臭いを消し去ってから香りを楽しんでいただける今までにないタイプのお香です。


沈香にさらに独自の配合を

沈香(じんこう)とは、ベトナムやインドネシア、インドで産出されるジンチョウゲ科の常緑高木であり、その木部に分泌・蓄積された樹脂を乾燥させたものを示します。原木は非常に軽いのですが、樹脂が沈着することで水に沈むようになり、「沈香」の名前の由来となりました。香りは、一言で言いますと、スパイシーで重厚感ある香りです。「香三昧」の「沈香」には、天然沈香に、さらに大茴香、龍脳を加えています。また、沈香には2種類の沈香(「タニ沈香」と「シャム沈香」)がありますので、この2種類の香りをブレンドしています。それぞれ違った特徴をもつ沈香を混ぜ合わせることにより、甘さと辛味をバランスよく調香しています。

沈香(じんこう イメージ図)


ニオイがこもりがちな場所にやすらぎを

「香三昧」は、食べ物や飲み物のニオイがこもりがちなお茶席や料亭、和室などの気になる臭いを消し去りながら、お香本来のやすらぐ香りを堪能していただけます。今日では入手が困難になりつつある「沈香」の香りを、「手軽に楽しむことは出来ないか?」という熱い想いに、1世紀に渡る当社の知識と経験を如何なく詰め込み、みなさまの日々の暮らしが1400年続く日本のやすらぎの「香り」に包まれることを願って生まれた自信作です。ぜひ、お香に詳しい方も、またお香に馴染みのない方にもお気軽にお使いいただき、ご愛用いただける方々が増えることを楽しみにしています。

 

商品写真
香三昧(こうざんまい)沈香 1袋3,500円(税抜)購入はこちらから 薫寿堂オフィシャルサイトへはこちらから

株式会社薫寿堂 その他の百年謹製セレクト商品

香三昧 白檀
80本入り
2,500円(税抜)

香三昧(茶・竹・檜)
全3種 各180本
1,000円(税抜)

花のかおり(梅・桜・ラベンダー・ローズ・スズラン・八十八茶) 全6種 各120本
500円(税抜)

薫寿堂お香立て
1式
1,200円(税抜)

INDEXへのボタン
当ページに掲載されている情報・画像を、無断で転用・複製する事を禁じます。copyright 100YEARS QUALITY PRODUCT All rights reserved.
  • 百年謹製認定企業
  • 百年謹製誕生秘話
  • 百年謹製のこだわり
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ